ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
GPS格闘記(2)
10月30日、31日で、乾徳山に登り日本200名山達成!
ご参加いただいた皆さんと、大坐小屋で「記念芋煮会」のもくろみが、
台風来襲で延期 (ToT)

まあ、せっかくだからと、我が家で「単なる芋煮会」を開催。
Nさん、Konちゃん、Nabeちゃん一家をお迎え。

ただ〜し、転んでもただでは起きないぼっち。

「マップソースからGPSに地図を転送するためには、クーポンコードを入力」
ってところで、9月12日から理解不能の森に迷い込んでたのを、
IT・エキスパートのNさんに、アドバイスをいただく。

221030GPSええっと、マップソースをインストールして、
日本詳細1:25000道路ナビもインストールして、
マイクロSDに転送して、GPSにセットと…

やったあ!  (ロ▽ロ)/
やっと理解不能の森を脱出。
Nさん感謝です。



221030記念湯呑あ、芋煮会の方ですか?
ぼっちが育てた芋もうまく煮えて、楽しかったですよ。

皆さんには、ぼっち特製、「200名山完登記念湯呑」を
前倒しで、(嫌でも)お持ち帰りいただきマシタ。


補記:GARMIN Oregon450日本語版に、日本道路地図と日本登山地図を
    あらかじめインストールしたものは、約10万円くらいで売ってマス。
    今回は、Nさんのご指導のもと、安く手に入れるため、Oregon450英国版を、
    最安値のインターネットショップで購入。
    これに、Amazonで「GPS用日本詳細1:25000道路ナビ」を購入してインストール。
    あわせて取扱説明書として「使えるハンディGPSナビゲートブック」(東京新聞)も購入。
    しめて約5万円くらい。
    格闘はあったけど、このくらいのお値段じゃなきゃ、ぼっちには手が届かないデス。
| 管理人 ぼっち | 山道具 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
GPS格闘記(1)

気が付けば、みんな持ってる、GPS。
地図があれば、いらないって思っていたけど。

もうすぐ200名山を登り終わり、「行者のように」山に登ろうとすれば、
自ずとルートのない山にも分け入っていくことになるから、
やっぱりいるかなあ、GPS。
でも、「行者」をめざすなら、邪道かも。。

なんて、迷いつつ、買っちゃいました。GPS。

Naさんにアドバイスをもらって、
ガーミン社のOREGON450っていうやつの、米国製をインターネットで安く購入。
マップソース(DVD)に、
「使えるハンディGPSナビゲートブック」って解説書を買い、
パソコンに向かう週末。

さてさて、
「マップソースからGPSに地図を転送するためには、クーポンコードを入力」
なんて書いてあるけど、そんなもの見当たらないぞ(?。?)
早くもここで挫折。

猫に小判、ぼっちにGPS。
道具にもてあそばれ、疲れちゃって、飄々と山に登るって目論見が、もう壊れかけてる。

ま、今度仲間に教えてもらおうっと(あっさり開き直り)。
てなことで、GPSが使えるようになるのはちょっと先延ばし。

とりあえず来週は、ちょっと娘とパリ&ロンドンの美術館巡りに。
番外編でご報告します。  (ロ.ロ)/ ひょうひょう

| 管理人 ぼっち | 山道具 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
テント買いました

日本200名山の未登の山もあと6座。
そのうちの5座が北海道。
石狩岳、ニペソツ山、手塩岳、暑寒別岳、そして、大沼駒ケ岳。

活火山駒ケ岳は、登山口まで行ったのに登山禁止と知って涙を呑んだ
ところが、今年、11年ぶりに登山解禁となり、「馬の背」まで登れるという。
これは、行くしかないね!

「ノルマ達成」みたいな、登山は避けてきたけれど、
「いつまでも、あると思うな、時間と体力とチャンス」ってのも真実。
思い切って、この7月に、2週連続、単独行で、一気に5座を巡る計画を策定。

どこも不便な山だから、装備の面では、テント泊の準備が必要。
オートキャンプ用のLLビーンのテントしか持っていないので、買った方がよさそう。

インターネットで調べて、登山用具店を何ヶ所も回って。
悩んだ末、モンベルの登山用の「ステラリッジテント」を買う気で、ショップまで行ったら、
ツーリング用の「ムーンライトテント」が気になってしまった。

登山用じゃないから、山上での風雨に耐えるためにはできていない。
でも、月の光の下でも設営できるっていうくらいシンプルな構造だから、登山口に張るにはいいかも。
値段も半分くらいだしね。

テント220701店員さんに、「本当にそんなに設営が楽なの?」って、実際に張らせてもらい、使いやすさを実感。
グランドシートとあわせて購入。

こうやって、計画を立てたり、装備を考えている時が、一番楽しいのかもしれないなあ。。




| 管理人 ぼっち | 山道具 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
冬装備の試験結果
マイナス20度超の日本200名山天狗岳で試した冬装備のあれこれ。
冬210125
まずは、手袋。
ぼっちのは、ノースフェイスのV2 Gloveというトレッキング用のやつ。
防水性がよくて春先の湿った雪にはばっちりだだけど、今回は指が凍えて困った。
やっぱり、分厚い毛糸の手袋に、オーバーミトンの方が安心。
スキーのグローブも意外によさそう。試してみたい。

次に、帽子。
耳が凍えるので毛糸のものがいい。
それに、吹雪から鼻や頬を守るには、フェイスマスクも必需品。
ぼっちの場合、このふたつを合体した、フリースの目出帽を使用。
下界で被ったら、銀行強盗。。

雪の反射から目を守るための、ゴーグルかサングラスも必携。
ゴーグルの方が、確実だけど、ぼっちは曇りにくいサングラスを愛用。
夏も使えるし。
日焼け止めも忘れずに。
冬装備210125
着るものでは、下着選びが一番大事。
汗で体が冷えないように、速乾性のものを。
山専用だと高いけど、ユニクロのでいいんじゃないかと思う。

一番外のオーバージャケット。
これは、好みもありそう。
ぼっちの場合、フードの首のところのあき具合と、手首のところをチェック。
寒気が防げることと、きつくないこととのバランス。
今年は、5年ぶりくらいに、マムートのジャケットを新調。
おニューはうれしいデス。

ジャケットと下着の間は、まあ何でも。
早朝は凍えてるし、動けば汗をかくし。
シャツの生地やフリースの厚みなんかをチェック。

下は、オーバー・ズボンが理想なんだろうけど、
なかなか資金が下半身まで回らなくて。
普通の厚手登山ズボンの下に、ユニクロのヒートテックの「ももひき」(っていうの?)、
その上にレインウエアで、まずは問題を感じない。

靴下は、厚手のものを重ねて。
登山靴は、冬用の重登山靴。
ロングスパッツも忘れずに。
アイゼン210125
そして、アイゼン。
ぼっちの場合、12本爪のを、1本のアイゼンバンドで締める古風なやつ。

山のお師匠Koさんいわく 「1本締めは、手間がかかる。
でも、ワンタッチのは、靴と合わなかったり、どこか具合が悪くなると、調整がきかない。
だから、いちがいに1本締めが古くさいばっかりとは言えねえ。」

いずれにしても、山に行く前に試験装着をしたいところなのに、
いつも横着をして、山でモタモタしちゃうのは、我ながらいかんなあ。。

あとはわかんとピッケル。
わかんについては、前に書いたっけ。
ピッケルは、また次の機会に。

低山の冬と、八ヶ岳の冬は格が違う。
凍傷や吹雪とも背中合わせにあるから、装備の点検は大事。

ネパール行を控えたKoさんも、特注したばかりの靴の具合を確かめたり、
準備怠りなし。
| 管理人 ぼっち | 山道具 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(6) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
チェーンソー・ワールド 
長野駅前の「平安堂」は、お気に入りの本屋。
規模はまずまずだけれど、山岳関係や、植物、農林、園芸なんて、都会じゃ手薄なジャンルの本が充実してる(その分ビジネス・経済が手薄なのはご愛嬌)。
今回は、「チェーンソー パーフェクトマニュアル」なんて本を発見。
チェーンソーパーフェクトマニュアル200524
昨年買ったチェーンソー、うまく使いこなせていないから、しっかりお勉強してみよう。

まず、「チェーンソーの仕組み」ね、ふむふむ。
「チェーンソーワークに最適な機能的で安全なスタイル」かあ。
ヘルメットや耳を守るイヤマフなんていうのもあるんだ。かっこいいね。 

「チェーンソーの基本的なテクニック」の次は、「立ち木を切る」か。
ここまで来ると木こりだね。
「チェーンソーアート」って、彫刻もできるんだ。
「ノッチワーク」って、ログハウス作りの基本となる木組みのこと。
お次は、大工か。
なにやら、とっても奥深そう。
ぼっちとしては、エンジンが普通にかかって、薪を適当な長さに切れればいいんだけれど。

シンプルで、パワフルで、メカの香りがして、ちょっと怪我にも注意。
ほとんど、バイクの世界みたい。
きっと、はまる奴は、はまるんだろうなあ。

繰り返しますが、ぼっちの場合、エンジンが普通にかかって、薪を適当な長さに切れればいいんだけれど。。
(これが道遠し。)
| 管理人 ぼっち | 山道具 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(2) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES