ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 小屋便り―定点観察の楽しみ | main | 天王山へ登る。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
飯縄山(1,917m) ― 盛夏の花たち
お待たせしました。やっと日本200名山です。

飯縄山は最近戸隠村などと合併するまでは、長野市の最高峰で、標高に「低いな(1917m)」などとケチをつけられつつも、市民に広く愛されたふるさとの山です。

戸隠山と並んで修験道の盛んであったところで、山の名は修験者たちが食べられる土、「飯砂」を採ったからだそうです。

市民の山だけあって、厳冬期も含め、年中登山道が確保されている貴重な山でもあります。
ぼっちもこれまで何度も登りましたが、梅雨明けのべストシーズンは今回が初めてでした。戸隠中社の登山口から、5:25発。

唐松林から、ミズナラや、白樺、岳樺が混じる樹林帯を抜けると、視界が広げ、笹原からお花畑に移ろいます。
やっぱりベストシーズンの山は違うなあ。シモツケソウ、ヤナギラン、マツムシソウ、川原なでしこ、ギボウシ、トラノオなどがいつもは地味な斜面を埋め尽くしていました。

早めに登り出したせいか、往路は全くの独り。7:30着の広い山頂からは、高妻山や戸隠連峰と向かい合うようでした。戸隠山の南に続く本院岳と西岳は、個人的に大好きな山で、鎖場の多い難コースですが、残雪期は雪と岩肌と緑に彩られた迫力のある壁となって、いいんだよなあ。

そんなパノラマをしばし眺め、来た道を下山。
飯縄山は「定点観察の山」になりそうです。

飯縄山頂から高妻・戸隠連峰170731
| 管理人 ぼっち | 日本200名山 | 01:09 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:09 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES