ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 春は土から ― 3月の小屋だより | main | 帰雲山の謎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
ポンポン山へ遠足
ブログ日本200名山管理人ぼっちです。
桜の4月ですね。で、毎年恒例にしている京都花見登山のご報告。

今年は、「ポンポン山」というのが、気になっていた。
どんな山なんだろう。正式名称なのかな。
おお、国土地理院2万5千分の1地図にも載ってる
一説によると、山の頂上近くで足音がポンポンと鳴るからだとか。
登山口には、天然記念物の「遊龍松」で名高い善峯寺という西国三十三観音の札所もある。巨木にも会えるなら、ぜひ行かなくちゃ。

花見の混雑を避けるには早出が肝心。始発列車で、JR向日町(むかいまち)駅に7時半着。
途中の灰方というところまで、バスで行き、残り3.5kmをてくてく。
こんな辺鄙(へんぴ)なところに、どうして寺なんか作ったのかな(ブツブツ)。
しばらくは、奥ゆかしい京の田舎の風情が、大都市近郊の殺風景さに押しつぶされそうな光景が痛々しかったけれど、山の中腹にある善峯寺に向け坂を登っていくほどに空気は澄んでいく。
善峯寺190407
善峯寺の山門をくぐり、「遊龍松」にご対面。
うーん樹齢600年というけど、巨大盆栽って感じ。自然ぽくない。
それより、経堂の奥にある枝垂れ桜の大木が見頃を迎えて、こっちが好みだな。
(桜の下、お堂の横にちょっと写っている緑の帯みたいなものがくだんの松。)


ポンポン山への道190407
奥の院を脇道へそれていくと、林道に。
杉谷という山あいの集落から、いよいよ、ポンポン山へ!どんな山かどきどき。
といっても山頂まで東海自然歩道が通じているらしいから、遠足気分。
棚田の田舎道から山道に変わっていく。


白い花をつけた馬酔木やヒメシャラなんかの潅木が負い被さる中、良く踏まれた道を詰める。京都や大阪の街が、木の間に見える。
ポンポン山山頂190407
約1時間半で山頂に到着。 おお! ポンポン山の標識。証拠写真撮らなきゃ。
ついでに、本当に足音がポンポンいうのか、ヤミクモに足を踏み鳴らしていたら、知らないおじさんがそこに。…ちょっと恥ずかしい。
音は、ポンポン言わなかったぞ。。


芽吹き190407
下山は、釈迦ヶ岳経由のコース。こちらは東海自然歩道になっていないせいか、静か。
芽吹きの始まった枝先を眺めているだけで飽きない。

善峯寺遠景190407
杉林を降りきったころ、木立の向こうに善峯寺のお堂が見えてきた。
比叡山をはじめ、東山が霞みながら連なっている。
そうか、この天空のパノラマがあるから、寺はここに作られたんだな。

[登山記録:日本200名山資料室へ←クリック!]
| 管理人 ぼっち | その他の山 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(3) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:22 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/193
697_立田輪中人造堰樋門
堰(せき)と樋門(ひもん)といっしょでいいのか? たつたわじゅうじんぞうせきひもん、と読む。明治35(1902)年に完成、排水や用水に利用されたが、別の幹線水路の完成により遊休樋門となる。今は「輪中公園」と老人ホームとの間に。-----弥富市.2007.03
| 路上観察学入門「気づきの散歩術」 | 2007/04/11 3:44 PM |
夜行バス 向日
向日行はチケット料金格安3000円京都府向日発着の夜行バス便の予約、出発到着時刻や混雑に関して確認できます。乗車場所はやなどになります。
| 夜行バス 関西鐔ッ羚 | 2007/07/26 3:46 PM |
http://kyoto-lab.info/915095F58E9B/
善峯寺山号 = 西山|宗派 = 善峰観音宗(天台宗系単立)|本尊 = 千手観音|十一面千手観世音菩薩2体|創建年 = 1029年(長元2年)|開基 = 源算|正式名 = |別称 = |札所等 = 西国三十三箇所20番|文化財 = 多宝塔、絹本著色大元帥明王像(重要文化財)|}}善峯寺(よしみねで
| 京都探索どっとこむ | 2007/07/29 4:38 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES