ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 船窪小屋の幸い(その供 | main | 小屋便り―高原の秋は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
蓮華岳から針ノ木岳へ
9月19日(月) 3:30起床。
外に出ると霧雨。意外に天気の変化は早かった!4:05名残り惜しい船窪小屋を後に。

北葛岳(2,551m)までは梯子の連続。霧雨の中の山頂でした。1500の山頂を目指すメンバーのHさんは、また1座加え、ここで引き返し、七倉尾根から高瀬側に降り車を回して、針ノ木から扇沢に下山する我々を迎えてくださる段取り。(ありがとうございます。)

北葛乗越(2,275m)まで嫌というほど下降し,そこから蓮華岳(2,798.6m)までは約500mの登り。このルートは「蓮華の大下り」というそうだけれど、逆だから「大登り」。梯子や鎖場の後、視界の効かない石ばかりのジグザグ道をひたすら登るばかり。(こういうシチュエーションだとどうしても文章が単調になって…すみません。)

蓮華岳には、9:00着。やはり霧の山頂でありました。ここから針ノ木峠までの下り道にはコマクサが多いことで有名ですが、今は微かにその紅を残すばかり。

針ノ木峠に9:45着。針ノ木小屋の増築をやっていました。ここで荷物を置いて、針ノ木岳へ往復。

今はすっかり消えてしまった針ノ木雪渓を見下ろす巻き道をしばらく行くと、今回最後の登り、そして11:15山頂到達。200名山をまたひとつ稼いだというより、長い稜線を歩ききった充実感に満たされました。

下山しかけると霧が晴れ始め、今日通ってきた蓮華の大登りも長い稜線を見せてくれました。

針ノ木峠からは、扇沢まで一気の下り。雪渓がない分、余り安定していない夏道。やはり雪渓の立派なときに来たいなあ。

針ノ木雪渓170919

大沢小屋を経由して、15時過ぎ扇沢着。川原でHさんがにこにこ待っていてくれました。
| 管理人 ぼっち | 日本200名山 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:39 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/30
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES