ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 8月の大坐小屋たより ― 壁を塗る | main | 常念山脈を行く(2)―大滝山から常念岳へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
常念山脈を行く (1)―蝶ヶ岳から大滝山へ 
常念山脈は、槍・穂高を含む飛騨山脈主稜線の東に並行してのびる山域。
安曇野から仰ぐ峰々がそれ。

日本百名山の常念岳をはじめ、日本二百名山の餓鬼岳、有明山、大天井岳などが連なる。
そして、なにより最大の魅力は、槍・穂高の大パノラマを目の当たりにできること。
今回、そのうち大滝山〜蝶ヶ岳〜常念岳の区間を8月8日、9日と、ぼっちの山の会でプチ縦走。

メンバーは、スキーが本職のNaさん、4歳の坊やのよきパパSaさん、紅一点(←表現古いデス)のKuさん、そして北海道も一緒だったKonちゃん。
平均年齢は(ぼっちを入れなきゃ)30歳代、Naさん、Kuさんは縦走初体験。

安曇野側の三股登山口からいざ、登山開始!
と、勇んで歩き出したら、どうもおかしい。
すれ違ったパーティーに聞いたら、「え? ここ一の沢ですよ」って。
登山口、間違えておりました。(リーダぼっち、立場なし)

三股登山口に移動。
標高1,300mから2,600mの稜線までの標高差1,300m以上を、みんなで頑張りマシタ。

槍210808蝶ヶ岳直下の稜線にたどり着くと、槍
・穂の峰々が圧倒的なボリュームで目の前に。

ぼっちもどきどきしたくらいだから、メンバーはさぞや。



大滝山210809登山客あふれる蝶ヶ岳山頂にさよならし、信州百名山大滝山を目指し南下。
メインルートを外れると、嘘のように静か。

チングルマ210809独特の二重稜線に雪が吹き溜まるため、池塘が発達し、ルートを隠してしまうくらいの花々が。

コバイケイソウ、チングルマ、ハクサンフウロ…勉強熱心なメンバーに教え、何とか面目回復。


大滝小屋210808大滝山荘に到着したとたん土砂降りの雨。
お客は、われわれ以外4名だけ。

新しく建て替えられているけど、昭和7年開業の古い小屋で、机やご飯のお櫃など、歴史を感じさせる什器が今も使われてる。

大滝山の虹210809翌朝、ハイマツをかき分け大滝山頂(2,616m)に。

雲を貫いて黄金色のご来光が南アルプス、八ヶ岳、そして富士山を染めていく。
振り返ると、御岳に虹。
至福のひととき。
| 管理人 ぼっち | 信州百名山 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:28 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/376
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES