ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 名前を考える | main | 奥地君は関西出身らしい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
戸隠の巨木たち
大坐小屋の雪下ろしは午前中に完了。
さあて、午後は何をしようか。

下の娘のセンター試験前だから、スキーはご法度だし、
久しぶりに、スノーシューで、戸隠の奥社に行くのはどうかな。

奥社への参道両脇は、実は巨木の密集地。
夏場は、根曲がり竹に覆われているけれど、冬はスノーシューですぐそばまで会いに行ける。
ゴム長にTSLの青いスノーシューを装着。
いざ、出発。
ミズナラ220110
1mを軽く超える積雪の中、大きく腕を広げた、ミズナラ。
こんな大木があちこちにあって、いちいち挨拶してるもので、なかなか先に進めない。
でも、人間世界に関わらず自由に腕を伸ばす巨木群の中にいて、幸せ。
戸隠山220110茅葺きの屋根にしこたま雪を載せた随神門でUターン。
今度は、森林植物園の、夏は湿地帯となったあたりをさくさく横断。
こちらも、栃や、モミなど、巨木が見事。
クレーター220110ところで、雪の原に散らばる、窪みは何だ?
周りに足跡がないし、人が付けたとも思えない。
なんだか、クレーターのような。

と、突然、正体判明。
巨木に付いた雪の大きな塊が、高いところからどさっと落ちて、雪煙。
雪の塊が、隕石のように、クレーターを作っていたんだな。
あんな塊が、頭の上に落ちたら、首の骨を折るかも。

なんてどきどきしながらも、冬の最も美しい時間を日暮れまで過ごしたのでした。
| 管理人 ぼっち | 巨木に会う | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:39 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









トラックバック機能は終了しました。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES