ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 鶴岡八幡宮の大銀杏倒壊 | main | 3月の大坐小屋たより―春までもう少し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
石見銀山を護る山―要害山(414m)
下の娘の受験も無事終了。
3月の3連休に世界遺産「石見銀山」への家族旅行を計画するよき父ぼっち。
(←山シーズン開幕前に家族サービス貯金をねらってるって説も。。)

愛車「奥地君」の関西弁ナビゲーションに導かれ、一路島根県へ。

大森集落220320鉱山町の面影を残す大森の集落に到着。
世界有数の鉱山であった過去と、ゆったり暮らしていらっしゃる現在がほどよく混ざっていい感じ。

集落を離れ、今はのんびりした山あいの道をてくてく。
しかし、木立を透かすと、おびただしい廃寺の跡が。
かつての繁栄と、多くの鉱夫を見舞った悲劇が、しのばれる。。


銀山220320坑道のひとつ「龍源寺間歩(まぶ)」に残る鑿(のみ)の跡。

世界遺産登録をめざす途中、石見銀山の「顕著な普遍的価値」の証明が不十分であるとみなされた。
地元も、日本政府も悲観。

その時、ユネスコの日本政府代表部が、110ページにおよぶ「補足情報」を作成、
「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」を熱くアピール。
それが世界遺産登録につながったそう。

山すそにひっそり穴を開けたこの細く長い坑道に価値があるんだね。

ひととおり鉱山を見終わり引き返す途中、「要害山山頂まで1.1km」の看板を発見。
島根県の山には登ったことがないし、体力余ってるし、
と、家族を置き去りにしたまま登り出す、だめ父ぼっち。(←本性暴露。)

竹と照葉樹の多い登山道は、銀の積み出し港 鞆の浦へつながる銀山道でもあったらしい。
峠から、600段あまりの石段を登りつめ、要害山山頂(414m)に到着。
山頂には、山吹城址の石碑が。

仙山220320要害山と向かい合う銀の山、仙ノ山(537.8m)。
確かに、その山中に無数の坑道が掘られているとは、想像できない。
(画像)

谷筋を挟んで銀山を護る位置にあるのが要害山。
大内氏が開き、毛利氏が奪い、秀吉を経て、最後に徳川家が支配。
そんな銀山の争奪戦が、この山上で繰り広げられたんだなあ。。


要害山山頂220320北に向けば、城址越しに、はるか日本海が。
あそこから、世界に向けて銀が積み出されていったんだ。


帰って調べたら、「要害山」という山は、全国に相当数あって、その多くに、城跡が残されている。
特に、島根県、鳥取県には同名が多いみたい。
いずれも低めの山。



低山は、人の暮らしから近い分、権謀や欲望にまみれた過去も持っていることも多い。
低山に、そんな歴史を想像するのも自由、アルプスのような高山に、俗塵を離れるのも自由。
山って、やっぱり楽しいなあ。(←家族、しびれ切らしてるよお。。)
| 管理人 ぼっち | その他の山 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(1) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:59 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/422
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/04/16 9:24 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES