ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 巨木に会う ― 東京山の手編 | main | ジャージー牛のふるさと ― 蒜山(1,202m) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
飯田市民心の山 ― 風越山(1,535.1m)

長野市は飯縄山、上田市は太郎山
山の国信州は、みんなふるさとの山を持っている。

南信州飯田市の山は、風越山(かざこしやま)。
市民が親しく「ふうえつさん」とも呼ぶこの山への愛情は、
大正14年から続くという、標高差千mを走る風越登山マラソンにもあらわれている。

ぼっちにしては超珍しい、2か月の登山ブランクのリハビリに(←大袈裟?)
この飯田市民心の山を訪れた。

三つ葉つつじ220424登山道は確かに「マラソンができるくらい」整備されてる。
今は、新緑とミツバツツジがいい感じ。

江戸時代の石仏や、秋葉大権現の石碑に、信仰の山でもあったこともしのばれる。
虚空蔵山から南アルプス220424中腹の虚空蔵山(1,130m)で、視界が開け、伊那谷と、その向こうに赤石山脈(南アルプス)が。
(画像は、聖岳のあたり。)

初冬のきりっと晴れた日なんか、きっと絶景なんでしょう。
白山神社220424標高1,400mを越え、深山めいてきたあたりに、いきなり丹塗りの立派な鳥居出現。
立て札を読むと、お殿様が、ここで馬を降り、白山神社奥宮に参拝したそうな。

花崗岩を刻んだ石段を越えていくと、赤い門。
今は主はいないけれど、きっと仁王門だったはず。
ここも神仏習合ワールドだったんだ。

白山神社奥宮は、500年前の室町時代の建物で、日本で2番目に高い場所にある重要文化財。
大事にされてきたんだねえ。。
風越山山頂2204241,535.1mの山頂からは、芽吹き前の木立越しに、木曽山脈(中央アルプス)や、木曽谷が見える。

鳥の声だけの山頂で、しばしぼんやり。
ああ、久しぶりの山が体に染みこむ。
(←山中毒?)

(画像は、摺古木山から日本200名山安平路山あたり。)
風越山22042412時半に登山終了。
こんなゆったり登山もたまにはいいもの。

里は、梨の花盛り。
[登山記録:「日本200名山資料室」へ](←クリック!)

| 管理人 ぼっち | 信州百名山 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:30 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/428
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES