ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 6月の大坐小屋たより―梅雨入り前に | main | 鉄道ファン垂涎! 「関西電力黒部専用鉄道」に乗る(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
鉄道ファン垂涎! 「関西電力黒部専用鉄道」に乗る(1)

鉄道ファン(別称「鉄ちゃん」、略して「鉄」)ならご存知かも。
宇奈月温泉から欅平まで向かうトロッコ列車「黒部渓谷鉄道」(略して「黒鉄」)のその先に
あの黒部第四ダムへ向かう、別の鉄道があることを。

「関西電力黒部専用鉄道」
と呼ばれるその路線は、黒部川水系の水力発電所や送電線を保守するための専用鉄道であります。
今回、ご縁があって、乗せていただく機会到来。
やや「鉄」のぼっちは、わくわく。

宇奈月駅220609まずは、「黒鉄」で、宇奈月駅から、欅平駅に向かう。
トロッコ電車って観光用だと思っていたけど、朝の駅は作業員でひしめいている。
業務用の路線なんだねえ。
黒薙駅220609途中の駅で降りていかれる作業員。
ザイルを背負った方もおられ、大変なことです。
冬用巡視路220609黒鉄の終点、欅平駅のホームからは、冬季用の巡視路が続いている。

登山だったら、ここから、「水平歩道」をたどって、下の廊下や、仙人谷から剱岳へ向かうところ。
立坑エレベーター220609ヘルメットを被り、いよいよ、「業務用」の世界に。
まずは、「立坑エレベータ」で、標高200mを一気に稼ぐ。

この標高差を鉄道では上れないため、トロッコの車両もエレベータに載せるようになっている。


上部欅平駅220609出たところが「欅平上部駅」。
そっけない名前がいかにも専用鉄道っぽくてナイス。

いよいよ、「上部軌道」とも言われる、専用線に乗り込む。
高熱隧道220609路線はずっと地下を進む。
途中、硫黄のにおいがして、温度が高くなる。
ここが、有名な「高熱隧道」。
今は、冷却水が下に通っているので、40℃くらい。
でも、掘削当時は、温度が160℃にもなったといい、ものすごく過酷な労働環境だったらしい。

手掘りの跡の残る岩壁は、硫黄の湯の花に覆われている。
ここを通るために、トロッコ列車は、特殊な構造で、お高いものだそう。
仙人谷ダム220609黒部川を渡る鉄橋でいったん下界に。
仙人谷ダムの向こう、仙人谷越しに剱岳の雄姿。

この場所から、谷に取り付けたらずいぶん楽しいだろうなあ。。
(あらぬ願望)


(2)に続く!

| 管理人 ぼっち | ひとりごと | 09:57 | comments(2) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:57 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/10/17 3:54 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/10/17 3:59 PM |









http://200meizan.jugem.jp/trackback/440
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES