ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 美の殿堂ルーブルに山の絵は? | main | ヴェルサイユ宮殿に村上隆を見に行く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
パリの朝 散歩で遭難しかける
 山で鍛え 体力あり余る 父ぼっち。
ヒッキー気味で 体力のない 娘二人。

ノートルダム寺院220920あんまり歩かせすぎちゃいけないし、こっちは体力持て余しちゃうし、
帳尻合わせるために、 下見もかねて地図を片手に早朝6時から散歩に。
(あ、サマータイムなんで、実質は5時デス。)
ホテルの人も起こしちゃって、悪いなあ。。

夜明け前のノートルダム寺院。


コンコルド広場220921夜明けのコンコルド広場。

どこも絵になるねえ。
パンテオン?220920今日行く予定の中世美術館を探して、サンジェルマン・デ・プレをてくてく。
おや、パンテオンだ。

立派な建物ばっかりだなあ、パリ。
ソルボンヌ大学220920右手に折れてと。
この大きな建物は、ソルボンヌ大学かな。
パンテオン220920あれ?
これってまたパンテオン?
どうして?
反対に行かなくちゃ。

なんてやっているうちに、今いる場所も、戻り方も分からなくなってしまった。
自分がどちらの方向を向いているのかさえ、不明。
これってもしかして、遭難状態?

地図持ってるのに、数百メートル範囲にあるはずの中世美術館にたどり着くのに30分。
そのあとまた、分からなくなる。
芸術橋220920セーヌ河畔に出て、ポン・デ・サール(芸術橋)を見つけ、ほっ。
どうして、遭難しかけちゃったんだろう。
山でだって、こんな経験はない。

パリは、セーヌ川が大きくカーブしているのに合わせて作られた道と、
見栄えを良くするために作られたまっすぐな道が混じっている。

新古典主義様式で、見栄えのため、東西南北お構いなしでシンボリックな建物がある。
その辺、南北軸を中心にした日本の街とは大違い。

思い込みは怖いなあ。。
山でも、同じことがないよう、十分注意しなくては。
(なんて、どこまで行っても、山のこと考えてる。)
| 管理人 ぼっち | ひとりごと | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:26 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/463
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES