ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< ヴェルサイユ宮殿に村上隆を見に行く | main | パリ → ユーロスター → ロンドン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
パリの うまいもの
パリのうまいもんですか?
もちろん! 食ってきましたよ。

パリに到着した19日の夜は、ホテルのフロントのおじさんに予約してもらい、
Aux Charpantiersというサン・ジェルマン・デ・プレの古いビストロへ。
サンセールの赤ワインを注文。(どきどき)
子牛の頭のパテとか、血のソーセージとか、ワインに合わせて注文。
 うーん、さすがパリだねえ。
Aux  Charpentiers220919
20日は、ルーブル美術館(2日目)・ノートルダム寺院・中世美術館・ショッピングと歩き回って、
娘たちへろへろ。

Le Grand Cafe220920オペラ座の近くの、ブラッスリーLe Grand Cafeへ。
ちょっとツーリスティックだけど、親切でアールヌーボーの内装が華やか。
アルザス・リースリング(Riesling Lorents)に、季節の始まった生ガキなんかを。
疲れも(半分くらいは)ふっとぶね。
(だんだん、太っ腹に。)


Ty Breiz22092121日、ヴェルサイユ宮殿からの帰り、2駅も歩かされ、着いた駅も予定外のモンパルナス。
でも、確か、このあたりにパリで最もうまいクレープ屋があったんじゃ?
(ガイドブックをごそごそ。)
Ty Breizという店だ。

ブルターニュ地方のそば粉のクレープに、リンゴ酒シードル。
あっさりさっぱり、口が変わるね。

パリ最後の夜は、サン・ジェルマン・デ・プレのLe Procopeへ。
「1686年創業という世界初の文学カフェ。
ヴォルテールやルソー、ロベスピエールなどが常連だった。」そうであります。
頼んだのは、創業時以来の名物料理、鉄鍋で運ばれてくるアツアツの煮込み肉。
歴史を感じマス。
Le Procope220921
日本じゃ「絶対」しない散財だったけど、
パリには、味覚を通してじゃなくちゃ、知ることのできない文化がある。
そうでしょう?(←言い訳)
| 管理人 ぼっち | ひとりごと | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/465
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES