ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< ルーブル美術館 V.S. 大英博物館 | main | ロンドンで 食べたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
オックスフォード小旅行
植物&園芸好きなぼっちとしては、ロンドンに来たら、 世界一有名な植物園、キューガーデンに行ってみたかった。
しかし、あいにく24日は、雨模様。
娘たちに120haの大植物園をとぼとぼ歩かせるのは、いかんかなと。

ここは、「不思議の国のアリスの舞台になった、オックスフォードに行きたい。」
と言ってた、下の娘の希望を容れて、計画変更するのが「よき父の道」では。
パディントン駅から特急で約1時間、鉄道旅行も楽しめた。

オックスフォード駅に降り立つと、思わぬ風の冷たさ。
寒さと予定変更で機嫌の悪い上の娘とけんかしちゃって、別行動と宣言されちゃった。。
ま、単独行もいいわい。(←強がり言ってる、悪しき父ぼっち(ToT))

ほとんど予備知識なしで歩く、オックスフォードの街。
こじんまりした街並は、ゴシック風の石造り。
へえ! いい所じゃない。

実は、「オックスフォード大学」って、独立運営のカレッジの総合体をそう呼ぶのだそう。
そのひとつ、C.S.ルイスの出身校でもあるモードリン・カレッジに立ち寄ってみる。
がらんとした、中庭のたたずまい、ゴシック風の装飾、
1458年創立という歴史の空気がそこにある。
220924モードリンカレッジ
ただがらんとしているのではなく、控えめながら、よく手入れされた庭が。
石壁の古色や遠い鐘楼を計算に入れたたたずまい(右)。日本人にはその良さが分かる。

人工的に刈り込まれたヴェルサイユの大庭園(左)では、たぶんイギリス人も、日本人も心が休まらないんじゃないかな。
240924ベルサイユとオックスフォード
モードリン・カレッジの向かいは、「オックスフォード大学植物園」
なんとこの植物園、300年の歴史がある英国最古の植物園なのだとか。
へえ! これは嬉しい出会い。
 
松の大木を背景にした英国伝統のボーダーガーデン、
300年の歴史を持つ温室の熱帯スイレン、
見ても美しい野菜畑、
1.2haとキューガーデンの百分の1の広さながら、園芸も植物も満喫できて幸せ。
220924オックスフォード植物園

220924オックスフォード遠望セント・メアリ教会に入ると、学生たちがバロック音楽を練習中。
旅の最後に、いい音楽を聴けた。

60mの尖塔に登って見下ろす街。
名残惜しいな。。


アリス・グッズを売る店で娘たちと合流。
土産物で気を引く、小ずるい父ぼっち。

オックスフォードは、こじんまりした質の高い店が多くて、
お土産を買うには、ロンドンよりいいくらい。
連れ合いには、アリスの腕時計とハーブのハンドクリーム。
自分には、植物の種を乾燥させる缶とガーデンナイフ。
ほかにもいろいろ買い込んで、明日の朝は、ヒースロー空港から日本へ。

楽しかった、パリ・ロンドン旅行だけど、山のある風景にはお目にかからずじまい。
やっぱり、凛とした山の空気が、せせらぎの音が、身近にある日本が、ぼっちには一等デス。
| 管理人 ぼっち | ひとりごと | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:22 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









http://200meizan.jugem.jp/trackback/468
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES