ブログ日本200名山

のんびり+しっかり 山と付き合うブログ
<< 京都という森を歩く | main | 厳冬期の山たち―飯縄山 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
厳冬期の山たち―湯の丸山から烏帽子岳へ
記録的な豪雪、大坐小屋も潰れないように雪下ろしが必要なので(←言い訳)、7日、8日は、山の先輩をお誘いし、小屋をベースに山を巡りました。

7日は、信州でも比較的晴天率の高い、東信の烏帽子岳(2065.6m)へ。

登山口の地蔵峠は快晴。圧雪された林道は湯の丸スキー場の終点で終わり、いよいよ新雪の世界。わかんを履き、目出帽を被り、雪山の正装に。

途中の湯の丸山までは、山スキーの人たちもちらほら。シュプールが道しるべに。
たどり着いた湯の丸山山頂(2,101m)から眺める烏帽子岳は、吹き飛ぶ雪に霞みがち。標高は湯の丸の方が高いのに「山」で、烏帽子は「岳」。確かに、切り立ったその稜線は以前夏に登った時とは貌(かお)を変え、手ごわそう。

厳冬期独特の緊張感の中、夏ルートが全く消えた膝までもぐる深雪の中、ルートファインディングしながら強烈なラッセルをし、やっと烏帽子岳下の鞍部まで。でも、目の前にそそり立つ稜線を前に、時間切れ。ふう。。

買い出しをして、小屋には夕暮れ間近に到着。先輩方に雪下ろしをしていただいている間に、ストーブに火を入れ、凍りついた水道栓を解かし、夕飯のしたく。
こごえた体にちゃんこ鍋、うまかったあ。
[登山記録:200名山資料室へ(クリックしてください)]湯の丸山・烏帽子岳180107
| 管理人 ぼっち | その他の山 | 08:19 | comments(0) | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:19 | - | - | にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドアブログのランキングです クリックよろしく!









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES